ストレートネックのセルフチェック!

57f5f454e9aa0cbe2f855994e6a2d530_s

首の

ストレートネックの原因は「首こり」、つまり首の病気です。

首は脳と身体を結ぶ神経の通路。そこに問題が起これば全身に不調が出るのは当然です。

首が病気を起こす?

これまで首は病気は起こさない、そう考えられてきました。

だから解剖実習もあまり行われず、未開発の領域。言ってみれば医学のブラックボックスでした。

ところが、最近の研究で首の筋肉異常が、心身の症状を引き起こすことが分かってきました。

セルフチェック

ストレートネックの可能性を知るためのセルフチェックを用意しました。

自分がストレートネックかどうか、気になる方が多いと思います。病院でレントゲンを撮ればわかる事ですが、なかなかそこまでは、と言う方は、お試しください。

 

思い当たる項目をカウントしてください。

1□ 肩や首がかなりこる

2□ めまい、耳鳴り、立ちくらみがある

3□ 胃の調子が悪い、吐き気がある(食欲不振、ボウマン感)

4□ 不眠、寝ても疲れが取れない

5□ 血圧が不安定、心臓が急にドキドキする

6□ 汗を沢山かく、顔や手足にだけ汗をかく

7□ 目が疲れる、乾燥する、まぶしい

8□ 頭痛が辛い

9□ 下痢や便秘をしやすい

10□ 喉に違和感があり、飲み込みづらい

 

【判断基準】

◎2項目以上:ストレートネック度20%以上。要チェックです。

◎5項目以上:ストレートネック度50%以上。大注意です。

日常生活に支障が出る可能性があります。

◎7項目以上:ストレートネック度70%以上。すでに毎日が苦しいはずです。

このままでは「うつ」になる可能性もあります。

 

これらの症状は、自律神経の不調による不定愁訴とも呼ばれ、首こりにより発症する症状です。

首の筋肉異常になると、自律神経に不調が出るので、チェックが多いほど可能性が高くなります。

※このチェック表は、首の筋肉異常からくるストレートネックの可能性を測る目安です。チェックが多い場合は、他の病気の可能性もあります。専門医の診断も検討してください。

コメントを残す