「不眠」睡眠の鍵は自律神経が握っている

b429d3c571070fae81e572d78b0d7c82_s

ストレートネックの首こりになると、不眠に悩む人も多くいます。

 

なかなか寝付けない。

夜中に何度も目が覚める。

寝ているはずなのに疲れが取れない。

これらの症状は不眠症と言われます。

厚生労働省による国民健康・栄養調査報告によると、日本人の5人に1人が不眠症と言われています。

不眠症4つのタイプ

不眠症には次の4つのタイプがあります。

  1. 入眠困難
  2. 中途覚醒
  3. 早朝覚醒
  4. 熟眠障害

それぞれの特徴は

1.入眠困難
ベッドに入ってもなかなか眠れない。

2.中途覚醒
夜中にに目が覚めていまう。

3.早朝覚醒
眠れるが、朝早くおきてしまう。

4.熟眠障害
眠りが浅く、起きても疲れている。

1つだけではなく、複数現れる場合もあります。

入眠剤

こんな毎日が続くと、心も身体も疲れ切ってしまいます。

そこで、心療内科で入眠剤をもらう人が多くいます。

確かに薬で眠ることはできます。

ただし、飲み続けなければなりません。

不眠の解決法

不眠を本当に治すにはどうすれば良いのか?

それは、交感神経と副交感神経の2つの自律神経を治すことです。

身体を興奮状態に保ち、眠気を飛ばし食欲も押さえて、戦いに集中させる「交感神経」。別名「戦闘モードの神経」。

体を休めリラックスさせる「副交感神経」。別名「安息の神経」。

この2つの神経のバランスが重要です。

 不眠症は、副交感神経の働きが低下して、交感神経が優位に働いているのが原因です。

興奮を沈め、眠るためには副交感神経の機能を高めることが一番です。

リラックスすると気持ちがやすらぎ、ぐっすり眠ることができます。

睡眠の鍵は自律神経が握っているのです。

コメントを残す