スマホ首こり「慢性疲労症候群」①毎日だるくてたまらない!

f11

毎日朝から体がだるい。起き上がる気になれない。もしかして、慢性疲労症候群かもしれません。

慢性疲労とは別物

慢性疲労症候群は疲労が溜まって起きる慢性疲労とは全く別のれっきとした病気です。決して軽い病気ではありません。

重篤になると、起き上がることさえできず、車椅子で生活する人もいるくらいです。

タホ湖の奇病

かつてアメリカ中を恐怖に陥れた謎の病気がありました。

それが「慢性疲労症候群」です。

1984年秋、ネバダ州タホ湖北岸のインクラインという町に、だるさ、頭痛、不眠を訴えて寝込む患者が続出。

数カ月間でたった2万人の町民のうち、2百人が発症しました。

アメリカ中が震撼

さらに、奇病は次々と各地に発生!第2のAIDS!?とセンセーショナルに報道され、アメリカ中を恐怖のどん底に落としました。

各専門機関が総力を挙げて調査を開始。しかし、原因は不明でした。

結局この奇病は1988年に「慢性疲労症候群」と命名されました。

慢性疲労症候群は、ナイチンゲ-ルやダ-ウィンも苦しんだといいます。

その後、研究が進み、様々な療法も試みられています。

しかし、現在に至ってもはっきりとした治療法が分からず、薬もありません。

意外に多い患者数

日本の推定患者数は24万~38万人いるとされ、潜在患者はその数倍といわれています。

そのうち、約3割の患者が寝たきりかそれに近いと推定されています。

しかし、ネーミングのまずさと認知度の低さから、うつ病や更年期障害に誤診されるケースがほとんどで、正確な患者数は掴めていません。

慢性疲労症候群の症状

慢性疲労症候群は、頭痛、微熱、肩や首のコリなど様々な身体症状とともに、激しい疲労感や筋肉痛に襲われ、次第に日常生活が難しくなり、最後は寝たきりになってしまいます。

周りからは仮病や怠け者と見られ、つらい思いをすることになります。

そして絶望感と孤独感をつのらせ、うつに陥ることが多くあります。

小児慢性疲労症候群

さらに慢性疲労症候群は、「小児慢性疲労症候群」として日本の子供に増加中です。

推定では子どもの1%前後が発症するとされています。

原因不明の疲労や不眠など体調不良で学校にいけなくなり、引きこもりになる子供達のかなりの割合を占めると推定されます。

コメントを残す